スタッフ

西村 正也(にしむら まさや)

 福岡県出身。1976年生まれ。
 クライミングパートナーズ株式会社代表取締役社長
 1995年、鹿児島大学入学。同年、鹿児島大学山岳部入部。
 屋久島の沢登り、北アルプス剣岳冬季登頂など活動をおこなう。その頃は一応クライミングをやっている程度で、クライミングはやや嫌いな分野でした。

 鹿児島の家電量販店でPC関係の仕事をやったのち、県立高校の臨時採用で1年間講師をする。これが人生の転機だったと思う。時間があったのではじめたフリークライミングにどっぷりハマった。

 しかし、翌年、地元の中小企業に就職。と、仕事が忙しくなり一気に時間がなくなった。仕方がないので、山岳部の人に頼み込んで部室の一角にクライミングウォールを作らせてもらう。畳3畳くらいのスペースしかない小さな壁だったが意外に人気だったことにヒントを得て、約30坪の倉庫を借りて副業でクライミングジムをおこす。

 それからあれよあれよという間にクライミングジムを作ってしまい、ただ今、鹿児島、福岡、宮崎と3店舗を経営するまでになってしまった。

 趣味は、壁作り。

 いつも作業服っぽい格好をしてジム内をうろうろしているので、現場の人によく間違われます。少なくとも社長さんにはとても見えない。

 クライミングウォールを作っては壊し、壊してはまた作りしています。この頃は登ることより作るほうが好きになりつつあります。

 クライミング、ボルダリングがこの頃、急に脚光をあびるようになり、専用のジムも建設ラッシュとなっております。ただ、地方も含めてクライミングジム、ボルダリングジムがバランスよく建っているかというとそうとも言い難く、都市部に集中してしまっているのが実情です。そんな中、鹿児島、宮崎という地方都市からはじまったクライミングジムでありますから、これからも地方に根ざして、全国津々浦々にクライミングジムを作っていけたらと思います。